知育プット

保育士として児童発達支援で働きつつ、自らも我が子の育児中です。療育のことと子育てのことを、1人の母親として、1人の保育士として、身近で素朴なリアル目線で書いています。【一人一人、家庭にあるおもちゃや、育児の方法は違いますが、そうやって〇〇家の子どもとして成長します】。月間平均8万PV。息子は正常範囲内の発達ゆっくりさん(2.3ヶ月遅延)

赤ちゃんに鏡のおもちゃが脳の発達に良い理由。ルージュテストと、自分が自分であることを知ることに繋がる

保育士のうたです。今回は、赤ちゃんに鏡のおもちゃが良いとされている理由についてを書いていきます。
ルージュテストという、自己認識に繋がっているんですね☺☺

今回は知育系の記事になりますが、対象は0歳~2歳です。🙌


f:id:uuuta1122:20210802120937p:plain

赤ちゃんに鏡のおもちゃが良い理由。自分が自分であることを知ることに繋がる。

さてさて、さっそくですが

クイズです。


【みなさんは、赤ちゃんが、いつ、鏡の中の自分を自分と分かると思いますか??】


答えは、乳幼児の発達心理学では1歳半以降と言われています。


「意外と遅い!」と思った人も多いのではないでしょうか??

けど、割と最近の研究なので、1歳半はなかなか妥当なラインのようです🙌🙌



f:id:uuuta1122:20210805170055j:plain


こちら、1歳0ヶ月の私の赤ちゃん、(赤ちゃんというより幼児ですね。笑)


鏡のおもちゃは、

f:id:uuuta1122:20210805170206j:plain


メリーに付いていた、このバイキンマンのミラー。

そして、普段つかっている洗面台やお風呂のミラー。


そして、歩けるようになったら(いまは伝い歩きの時期なので)、ステッカーの鏡を貼る予定です☺


ではつぎに、【ルージュテストの意味】を説明します。


鏡のルージュテスト。1歳後半に、子どもの顔にシールを貼って、鏡を見ながら外せれば、鏡の自分を認識している。

ルージュテストの意味を説明していきます。


研究では、

1歳程度の子どもの顔に口紅を塗って、その子が顔をぬぐって、口紅を取ろうとするかを研究しました。


すると、口紅を取ろうとするのは、1歳半~2歳が多いということが分かったんですね。


なので、1歳半から2歳になると、

・普段の自分の顔がどんなかんじか、なんとなく認識してる

・鏡をみて、普段より顔が汚れてたら取ろうとできる

ということが分かるわけです🙌🙌

これがルージュテストの内容で、子どもの自己認識の発達
に関係しているんですね。


研究では口紅を使用していましたが、自宅でやりたいなー、と思ったら、

子どもの顔にシールを貼るかんじでテストしてみても良いと思います🙌🙌


成功率は1歳半で60%程度なので、2歳前半くらいが良いかもしれないですね💮💮



スポンサーリンク



赤ちゃんはピカピカ、キラキラしたものが好きだから鏡は好きだけど、鏡には脳の発達にも良い面がある。


赤ちゃん向けの鏡のおもちゃってたくさんあるんです。

このアメリカのSASSYのメーカーのラトルも、裏面が鏡になっていて人気ですね。


で、赤ちゃんは、ピカピカ、キラキラしたものが好きなので、もちろん鏡が好きな子は多いんですが、

【鏡に人が映ってる】という認識としても、鏡は知育にも優れたおもちゃと言えるわけです。


0歳の頃は鏡が自分と分からず、1歳半から分かるようになってくる。赤ちゃんのときは、笑ったり、鏡を見てから後ろを見ることも。【鏡像段階】

ちなみに、こういう鏡による赤ちゃんの認知発達が進む段階の研究を【鏡像段階】とか言ったりします。

なかなかマニアックな言葉ですね笑


そして、

0歳代後半など、赤ちゃんがまだ、鏡を自分と知らない時期は、

赤ちゃんが鏡をみると、

「後ろに誰かいるのー?」っと思って後ろをみたり、

「これ誰かなー?」と思って、鏡に向かってニコニコ微笑む子もいるんです。


(まぁ、人見知りの時期もあるし、反応はその子それぞれですが🙌)

なかなか、面白いですよね😀😀



普段、大人が使っているような手鏡じゃなく、赤ちゃんのおもちゃ用の鏡か、洗面台の鏡が良い


鏡のおもちゃですが、大人がつかっているような手鏡は、パーツが多くて赤ちゃんには危なかったりするので、

さっきの壁にシールで貼れるものや、赤ちゃん用のおもちゃとしてのミラーがおすすめですね☺☺


鏡、怪我することもある危険な家具でもあるので、選び方は慎重に。もポイントです☺


実は実際に私が、小さい時にスタンドミラーを倒してしまって(というか上から倒れてきて)、足から流血してるんです💦💦



スポンサーリンク



鏡のルージュテスト。鏡を見る習慣を作ることで、2歳頃の手洗いや歯磨きがスムーズに進みます。


鏡のルージュテスト、それをいちいちしなくても子どもはいずれ、鏡に映った自分を自分と認識できるので良いのですが、


定期的に子どもが鏡を見る、

赤ちゃんに鏡をみせてみる習慣は、

2歳や3歳くらいに、鏡をみながら手洗いする頃になるととても便利だと思います🙌🙌



ということで今回は、赤ちゃんの鏡のおもちゃの知育性と、ルージュテストについてを書きました🙌


合わせて読みたい・ニューブロックの遊び方

uturinikerina.hatenablog.com