保育士うたのサイト

このサイトは一部の記事を残しつつサイトは残し、新サイトに移動しています。(詳細はトップページをご覧ください)

生後8ヶ月。産後うつで不安障害·加害恐怖になった私の治療。メイラックスで落ち着いた

私の産後うつ、最初はずーーーーーっと無自覚の状態が続き、不安障害の強迫性障害、加害恐怖を発症して自覚、精神科を受診して現在は服薬でかなり安定しています。



今回は、私の産後うつの流れを書いていこうと思います。

f:id:uuuta1122:20210430133953p:plain




生後8ヶ月。産後うつで不安障害·加害恐怖になった私の治療。メイラックスで落ち着いてます



現在、生後9ヶ月の赤ちゃんを楽しく育児していますが、私は赤ちゃんが生後8ヶ月のときに産後うつになりました。(現在は服薬で落ち着いています。)



私は、不安障害、加害恐怖になって自分の産後うつを自覚することになりましたが、

もっと前から、産後うつの症状は、自分ではまったく気が付かないうちにでていました。

今回は私の産後うつの症状と、現在の治療の話をしていこうと思います。




寝られない、1日中何も出来ない、食べられない、テレビがうるさい。初期症状があるも自覚なし

赤ちゃんが生後半年くらいの時期から、夜、赤ちゃんが寝ているのに自分がなかなか寝られない、ということが出てきました。



また、体が重くて重くて、鉛のように動きにくくて、朝から夕方まで本当に最低限の赤ちゃんの世話はするけど、家事や外出が出来ないことが多々ありました。

そして、

テレビの音がうるさいんですよね。

常識的な音量なのに、耳障りで耳障りで、不愉快だったんです。

そして、なんとなくご飯が食べられない。



これら、私は産後うつの症状が少なくとも生後半年の時期から出ていたのに、«産後のホルモンの体調不良»と思い込んでいた私はどこにも相談しませんでした。

けどこれは、まるっきり産後うつによる心身症です。

ストレスが体にでていたんですね。

なので、私の産後うつは私の気づかないうちに、ほんとうに気づかないうちに進んでいました。





スポンサーリンク




赤ちゃんは可愛いのに叩きそうになる。びっくりして精神科受診

ある日、赤ちゃんは可愛いのに、突然叩きそうになりました。

私はそんな感情になったことがないので驚いて驚いて。。。しかし、行動には移さないものの、その考えはなかなか頭から離れてくれません。

精神科を受診すると、産後うつの強迫性障害で加害恐怖を発症していました。

育児という強い環境変化と、私の元来の真面目な性格が、私が無理をしていて発症したようです。



また20代のときにもっていたパニック障害も再発



強迫性障害もパニック障害も不安障害に分類され、不安神経症のオンパレード笑



自分はいったい、どうなるんだろう。

ただただ、優しい母親でいたいだけなのに。と、とても不安でした。






メイラックスの服薬で、かなり症状は落ち着いていること

そんな、私の不安はすぐに解消されることになります。

最初に頓服として処方されたリーゼは、私には合わなかったのですが、

次に処方された抗不安薬のメイラックスは私のこれらの症状を一気に改善してくれました。



飲んで4日で、いままでのように楽しく安心して育児できるようになっています。



私の産後うつの症状は、«消えたい»という願望もあったほどにわりと重かったので、

今回のブログには、詳細をあえて書いていません

内容がなかなかにヘビーになるからです。

別の記事には、私の加害恐怖の内容をハッキリと書いているので、加害恐怖に悩む方は読んでみてください。

(結構重いので、加害恐怖でない方は読むことをおすすめしません。)




保育士の私が、生後8ヶ月で出産から時間も経っているのにまさか産後うつになるとは思わなかった

私は保育士で、子どもはほんとうに大好きです。育児も楽しんでやっていました。

そんな私が、まさか生後8ヶ月という出産からかなり経過した時期に産後うつになるとは思いませんでした。



正直、ニュースとかで«産後うつが増加中»などはよく流れていましたが、

私はならない。と確信していて、完全に他人事だったんです。

なぜなら、子どもが大好きだったからです。






ワンオペ育児、慣れない土地、産後の家庭環境の悪さ、リスクは高めだったこと



産後うつになり、精神科の先生と話して気づいたことは、私は産後うつのリスクはかなり高かったことです。



まず、高校のときにパニック障害をもっていましたが、当時は自然に治ったため、しっかりした受診はしておらず、つまり既往歴がありました。



結婚で慣れない土地に引越しし、地元からはかなり離れていました。



産後、旦那の私の両親の関係がかなり悪化し、産後すぐの家庭環境はかなり悪かったです。



そういう意味で、赤ちゃんが好き。とは関係なしに、私にはストレスが溜まっている状態でした。





スポンサーリンク






伝えたいことは、違和感を感じたらすぐに心療内科か精神科に受診して、できるなら育児の手を増やすこと

今回のブログは、【人の経験談を読むと不安になる】人もいるため(私もそうなんです。)あえて詳細は書かずに書きました。



伝えたいことは1つです。

産後、自分では解決できないような心の不調をかんじたときは、心療内科か精神科に受診してほしいんです。



もちろん、産後うつに関連した本やブログはたくさんあります。

しかし、私はかなり早期に精神科を受診できたからか比較的になによりも回復が早かったです。

メイラックスという抗不安薬をピルカッターで1錠を割って半分のむことで、かなり回復することができました。

なので、産後うつの症状や経験談は人によって大きく違います。

産後うつの重度の人のブログを読むと不安になる人もいると思いますし、実際に私もわりとおもかったですが、この回復スピードも人によって様々です。



なので、まずは早く早く受診してほしい。これを今回は伝えたくて書きました。

心療内科、精神科は初診までに1ヶ月程度かかるところが多いほどに混んでいます。

なので、違和感を感じたら、なるべく早く受診してほしいと思います。