保育士うたのサイト

このサイトは一部の記事を残しつつサイトは残し、新サイトに移動しています。(詳細はトップページをご覧ください)

加害恐怖ブログ⑤克服まであと一歩!モヤモヤモヤモヤして、クッションを投げつけたい!!!!!

強迫性障害の加害恐怖になった私の体験談ブログになります。



精神科受診で、精神科の先生のカウンセリングのお陰で、強迫性障害であることや囚われているだけのことも分かった。

にも関わらず、自分の気持ちが許せない私は、受診後、逆に発作回数が増えました。



増えて増えて、辛くて辛くて、その先で得た、ピアノを弾くこと。



それが前回まで、

しかしながら、ピアノ弾いてても、治んないんですよねぇ、これが。



f:id:uuuta1122:20210415142852p:plain






加害恐怖ブログ⑤克服まであと一歩!モヤモヤモヤモヤして、クッションを投げつけたい!!!!!

その感情が産まれたらピアノを弾く(先生には運動を言われてるけど、私は運動が大っ嫌いなので。)を始めた私。





実際、ピアノって右手も左手も動かすので、頭がピアノのことしか考えられないのでまぁまぁ効果はありました。



考えが湧いてくる回数が減ったのも事実ですし。



(なので、ゲーマーの人はゲームも良いのでは?と勝手に思ったりします。先生から日光も大切と言われてるので日光浴も大切だけど。)



私は赤ちゃんを育てていて、ピアノの音楽は赤ちゃんも嬉しそうなので、正直ウィンウィンです☺。





なんですけど、、、、、、



出てきやがるんですよ。奴は!!!



両手でピアノを弾いていて、

ページをめくる為に片手をピアノから離した瞬間、



「息子をコロしたい。!!」と。







モヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤーーーーー!



なんで今、ピアノ弾いてるのに、こんな気持ちになるのよ!

まじで邪魔!!!まじでピアノの邪魔!!!







「もう!!壁にクッションを投げつけたい!!!!!」





息子をコロしたい。は実行しない心の気持ちです。



それを«壁にクッションを投げつけたい»の行動しても良いことに変換できた瞬間でした。





びっくりして、実際に、息子のいない方向に向かってクッションを投げました。





ちょっと、スッキリしました。





あれ、私は、自分のストレス発散方法がいままでちゃんとなかった??



たしかに私って、滅多にイライラしない人だから、ストレス発散方法なんて考えたこと、、、、、無かったかも。



ピアノや漫画は好きだけど、それは趣味としてで、ストレス発散としては考えたこと、無かったかも。。。。。







行動に移してはいけない考えが浮かぶ強迫観念の加害恐怖が、

行動に移しても良い考えに、変換できた。



これってこれからもできるし、たぶんこうやってストレス発散している人は多いのでは。。。。。









スポンサーリンク








強迫性障害になるのは、私みたいに優しい。けど、優しいというより、自分の心に潔癖な人なのだろう。



強迫性障害になりやすい人、私はちょっとわかる気がします。





きっと、心の優しい人なんです。

優しい優しい、平和主義者。





優しいのは長所です。素敵です。



だけど、たぶんちょっと、自分の心に対して潔癖なんだと思います。



分かります。私だってそうだもの。



自分の心に、とんでもない感情が浮かんだら、許せないでしょう?





自分の心に、とんでもない感情が浮かんだら、とんでもなさすぎて、実際に起こさないか不安で不安で、警察に電話したり、自分を責めたくなるでしょう?







自分の心に、とんでもない感情が浮かんだら、自分が嫌いで嫌いで、大切な人まで傷つけるかもしれないと、不安になるでしょう?



私もそうでした。



そんな貴方の隣に、私は寄り添い、「辛かったね。」と共に泣いて、支えてあげたい。





貴方は、大丈夫です。



貴方は、そんなことしません。



貴方は、素敵で優しい人ですよ。



私は、貴方が大切です。



貴方は、決して、1人ではありません。










もう一歩で強迫観念を強迫性障害を克服。加害恐怖は治る病気です。

今回のブログのタイトルは、

強迫観念の克服まで、もう一歩!です。

そうです、事実として、いまの私はかなり加害恐怖が治っていて、先生からももうすぐ治ることを言われています。





強迫性障害の加害恐怖はかなりキツい病気でした。



自分の心に、嫌な考えが浮かぶことすら嫌な人は、自分の心に潔癖な人です。

私もまさにこのタイプ。



そして、それは、長所でもあり、短所でもあります。





私は思います。

自分は自分の心に潔癖だから、自分は強迫性障害を起こしやすいことを、認めることです。





強迫性障害が起きているだけなんです。



自分は自分。それはなにも変わっていないんです。







だから、体は動いていない、誰にも危害は加えていないんです。



心の中で、自分にとっては最悪のイメージだとしても、1種のブームがおきていただけなんです。



けど、ブームはブーム、いずれは去ります。



思考なので、また出ることもあるとおもいますが、所詮はブームだったのです。





スルーできるときはスルーして、スルーして生活すれば良いんです。



けど、大変だし、しんどいときは薬にも頼っちゃうのもアリです。







そして、

湧き上がるこの気持ちに、



嫌というほどに、慣れて慣れて、



苦しんで苦しんで、



慣れて慣れて、



呆れた先に、答えが待っています。



私がそうでした。

こうして私はかなり回復していくことになります☺☺