保育士うたのサイト

このサイトは一部の記事を残しつつサイトは残し、新サイトに移動しています。(詳細はトップページをご覧ください)

強迫観念・加害恐怖の発症編つづき。赤ちゃんを守るために離婚したい、しかし、答えはそこには無いこと

前回のつづきになります。

私は赤ちゃんを守るために、旦那と離婚すべきだ。と思いました。

発症から、わずか2日後のことです。



f:id:uuuta1122:20210415112519p:plain






強迫観念・加害恐怖の発症編つづき。赤ちゃんを守るために離婚したい、しかし、答えはそこには無いこと



義母は、「また来るからね。うたちゃんも、しんどいときは休むのよ。私が来るから。」と言って、シュークリームを置いて帰っていきました。





幸せでした。

旦那も優しく、赤ちゃんも可愛く、義母も支えてくれる。

私はほんとうに幸せだったんです。



ですが、



赤ちゃんをコロすような気持ちになる私が、赤ちゃんの隣にいること、適正ではありませんでした。

適正ではない。と思ったのです。



私は、泣きながら泣きながら、

旦那のことも、生後8ヶ月の赤ちゃんのことも大好きだけど、赤ちゃんのために離れよう。と思いました。








旦那に真実を伝えて、離婚したいと伝えた。旦那からは、どうしてそんなことで?!と信じられない答えが。



号泣しながら、号泣しながら、旦那に伝えました。



・赤ちゃんを殴る気持ちになったことは嘘であること

・ほんとうは、コロす気持ちになったこと

・本心ではないこと、私は赤ちゃんが大好きなこと

・だけど私の心は壊れていて、私は犯罪者になる可能性があること

・私は壊れても良いから、なんとしてでも、赤ちゃんを守りたいこと。

・母親で保育士の資格も持つ私から、本来なら親権を取るなんて不可能だけど、いまなら出来るから、いますぐに離婚して赤ちゃんを守って欲しいこと



泣きながら、泣きながら、旦那に伝えました。





旦那は、キョトンとした表情で、





「どうしてそんなことで離婚になるの?凶暴な気持ちになることくらいあるじゃないか。」

と言いました。



そんなことくらいで離婚なんてしないよ。と。



私はこんなにも、犯罪者のようなことを言っているのに

旦那は、「どうしてそんなことで?!」と笑っていたのです。







スポンサーリンク






旦那のいう、「世の中、ぶん殴りたい人もいるけど、みんな殴らず生きてる。うたはそれを見てない。」



旦那に言われました。



世の中、ぶん殴りたい!ぶっ壊したい!って思う人とかいるけど、

みんな、なんやかんやでそんなことせずに、なんやかんや進んでる。





けど、うたは、今回はじめてそれに直面したから、びっくりしてるんじゃない?と。





たしかにそうでした。

ある意味、恵まれていたんだとおもいますが、私はいままで、心の中であっても、人に暴力的なことを考えたことはなかったんです。





けど、旦那は、信じられないことに、しょっちゅうそんなことはあるらしいんです。



暴力的な思考のない私には信じられませんが。





そして旦那に、

「育児疲れが、こころの緩みを産んで、その感情がうまれ、平和主義者なうたが、その気持ちでいっぱいいっぱいになって苦しんだだけだよ。」と言ってくれました。





回復中のいまだから思えますが、これこそ、強迫性障害で囚われている人と、囚われていない人の違いですね。



だから、離婚する必要はないし、普通にしていたら良いと言ってくれたんです。










強迫性障害、加害恐怖という言葉を知る。



精神科受診まで3週間。



私は、なにか解決のヒントになれば。。。と思い、ネットで調べました。



すると、



強迫性障害・加害恐怖という言葉を見つけました。



強迫性障害。。。。。



私には、強迫性障害といえば、手洗いを何度も何度も何度も何度もしてしまう人。ということしかイメージなかったので、

このときは、強迫性障害・加害恐怖の言葉を知っただけで、

「私はもっと犯罪者みたいなやばい事を思ってしまうから、これじゃない気がする。」と思い、



これ以上の情報は、ネットから得ることは出来ませんでした。









スポンサーリンク








病院受診までの3週間。思想が起きる度に、震えながら赤ちゃんから逃げて、自分を見失っていく。



旦那から言われたことは、

「そういう気持ちになったら、赤ちゃんから逃げて(しばらくトイレとか別室に篭って)、落ち着いてから戻れば良い。」ということでした。



病院受診までの3週間はほんとうに地獄でした。。。。。





止めよう、もうこの気持ちになるのは辞めよう、もう嫌だ!!と思っても、

どんどんどんどん、この気持ちは湧いてくるんです。

そのたびに、自分を責めながら、赤ちゃんから逃げて、落ち着いたら戻るの繰り返しでした。









回復中のいまでは、このときに自分を責める必要なんて全く無かったな。と思っています。




昼間の救いは、コメディー系の漫画やテレビでした。



こんな犯罪者みたいな気持ちになる私でも、そのときも救いのようなものはありました。



笑えるような漫画やテレビにはほんとうに救われていました。



Huluを契約していたので、有吉の壁とか、マツコ・デラックスさんの番組をよく見ていましたね。



なにかに集中していると、その気分になることが減るんです。



回復中のいまなので言えますが、これはほんとうに大切なことでした。犯罪者的な思考でも、日常生活を送って良いんです。





3週間、テレビに笑いながら、

怖い気持ちになることもありながら、

泣くこともありながら、

ただただ、耐えるように過ごしました。



息子に、怖い感情を持つことがある。

それでも、息子は可愛いんです。

大好きなんです。



そして、この気持ちが、私をどんどん、強迫性障害の囚われに結びつけていくのですが、

その時期に、やっと、病院を受診することが出来ました。